2×4工法の特徴

2×4工法(ツーバイフォー工法)とは?

北米から輸入された工法で、木造建築の「木造枠組壁工法」のひとつです。なぜ「2」と「4」という数字が出てくるかというと、家を建てるときにつかわれる角材のサイズが「2インチ×4インチ」なので一般的に2×4工法と呼ばれております。

弊社の建物(売主物件)は2×4工法にて建築しております。

2×4工法の特徴

床や壁、天井の6つの「面」で建物を支える工法で在来工法と比較すると耐震性、耐風性が高く地震や風といった外部要因に対して高い性能を発揮いたします。さらに気密性、断熱性が高く冷暖房の効率だけでなく、耐火性にも優れており火災保険も安く加入することができます。

居住性

狭小地や密集地での日当り・風通しといった問題を見事に解決できるのも2×4工法の魅力です。
デザイン的にも住む人のライフスタイルに合わせた、きめ細かい設計ができます。
自由度が高いので屋根裏をロフトや収納に利用したり吹き抜けを作ったりと開放的な空間作りが出来て快適な生活をすることができます。

耐震性

日本は地震大国ですので、住宅性能の中で安全性は何よりも優先させなければなりません。
2×4は耐震性に優れた構造用パネルによる高い耐震機能が特徴です。
基本構造、床、壁、天井の6つの「面」が一体となった構造で、揺れの力を分散・吸収し高度な耐震性を実現し建物への被害を抑え
住む人に安全・安心をもたらせてくれます。

耐火性

火災の被害を最小限に抑え、もらい火にも強い「ファイヤーストップ構造」を2×4工法では採用しています。
火の通り道となる床や壁の枠組み材などが火の進行を食い止めるファイヤーストップ構造となって空気の流れを遮断し、上下階へ火が燃え広がる前に初期の段階での消火ができるので「火災に強い住宅」だと言えます。
標準で「省令準耐火構造」に準拠しているため在来工法と比べ火災保険料・地震保険料が約半額で加入できますので一生お得に、そして安全にお住まいいただけます。

気密性と断熱性

○気密とは・・・外部への空気の移動を防ぐこと
○断熱とは・・・外部への熱の移動を防ぐこと
シンプルにパネルを組み合わせるだけの構造であるため、隙間ができにくい作りとなっていますので、高気密のお家を作ることができます。
柱や筋交いなどを複雑に工作している在来工法よりも、枠に合板が貼られているだけのパネルの方が、簡単に断熱材を詰めることができるので2×4工法自体がもともと優れた断熱性・気密性を兼ね備えた工法と言えます。
断熱性や気密性に優れていると、光熱費を安く抑えることができるというメリットがあります。熱が逃げにくいので、少しの冷暖房のエネルギーで快適な室温を保つことができます。また、気密性が高いと防音効果も期待できます。


高品質

2×4工法は国で研究された工法であり、日本で唯一構造材が定められている特別な工法でもあります。用いられる角材の規格が統一されているだけでなく、使用する釘も定められ長さや打ち込む間隔まで細かく決められています。
 住宅にかかる荷重、地震や強風に耐性を発揮するための、金具なども全て決まっています。 これらの金具は使用場所ごとに最大の強度が発揮できるようにつくられており強固な住まいを実現します。 また、金具も公的機関の認定を受けたものしか使用されません。ツーバイフォー工法の品質は法的にも守られているのです。
システム化・マニュアル化されている工法なので品質が均一です。