エコウィルQ&A

 

エコウィル導入前に知っておきたいこと

エコウィルはマンションなどの集合住宅にも設置できますか?
エコウィルは発電を行う機器のため、集合住宅のベランダなどには設置できず、戸建住宅であることが必須条件となります。
エコウィルは家で使う電気をどのくらいまかなえますか?
年間電気使用量のおおよそ3割程度をまかなうことができます。エコウィルの未運転時や不足時は電力会社の電気で自動的に補われます。
湯切れの心配はありませんか?
貯湯槽に貯めたお湯がなくなった場合も、補助熱源機で瞬間的にお湯を沸かすので、湯切れの心配はありません。
給湯用のお湯と暖房などに使うお湯とが混ざり合うことはないですか?
暖房、給湯、追いだきはすべて回路が別になっているので、お湯が混ざり合うことはなく、安心してお使いいただけます。
発電のために手続きなどが必要ですか?
電力会社への申請、お客様の立ち会いのもとで電力会社の確認などの手続きが必要となりますが、エコウィル導入にあたっての準備に関してもガス会社がサポートしますので、ご安心ください。
ガスエンジン発電ユニットの運転音はどのくらいですか?
運転音は44dB(A)と低く、静かな住宅街の昼間と同じ程度です。

購入者が感じた「エコウィル」の魅力とは? 〜西部ガスお客さま満足度調査より

2004年10月、西部ガス・ロビング営業部がエコウィルの購入者を対象に実施した満足度調査によると、お客さまがエコウィル設置にあたって魅力を感じた点(複数回答)は、
1) 家庭でガス発電ができる 67.8%
2) 1台で給湯、暖房、発電ができる 50.0%
3) 発電時の排熱を給湯や暖房に利用できる 46.7%
4) これまでの電気料金とガス料金の料金合計より、光熱費が安くなる 46.7%
5) ガス料金がお得になる料金割引メニューがある 35.6%
などが上位に挙がり、エコウィルの機能とコスト面でのメリットが高く評価されていることがわかりました。
また、エコウィルを購入された方に日頃関心のある環境問題について伺ったところ、地球温暖化を挙げられた方が91.1%と最も多く、次いでゴミ問題(67.8%)、オゾン層破壊・砂漠化など(54.4%)、海や河川・地下などの汚染(53.3%)との結果がでました。
2005年2月に京都議定書が発効されたこともあり、地球温暖化への関心は、今後ますます高まっていくことが予想されます。クリーンな天然ガスを利用したエコウィルは、エコロジーという点も大きな魅力です。