従来工法

耐震性

日本古来より長く受け継がれてきた木造軸組工法は、現在も着々と進化し続けています。
木造軸組工法は、阪神・淡路大震災を教訓として大幅な法改正が行われ、より地震に対して安心な建物になりました。その耐震性のポイントは、「耐力壁の量」「そのバランスの良い配置」「接合金物の使用」です。この3つを法律で規定された方法で確実に設けることで、安全な住まいを実現しています。

木造軸組工法では、地震によって建物に及ぼす力を軸組全体で負担するのではなく、その中の「耐力壁」といわれる部分で負担しています。地震から建物を守り、倒壊しないようにしているのは耐力壁なのです。
耐力壁の部材として代表的なものに「筋交い」があります。これは柱と柱の間に斜めに入れる補強材で、この部材と柱で耐力壁を構成し、地震発生時に生じる建物を倒そうとする力に抵抗します。
ほかにも構造用合板を用いて、または筋交いと併用して耐力壁を構成することもあります。

木造軸組工法の住まいは、このような耐力壁を建物の大きさや階数などに応じて必要な量を適正な場所に配置し、さらに接合金物で緊結することで、十分な耐震性を保つことができます。

耐震性 耐風性 耐久性
耐火性 断熱性・気密性 防音性